スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
環状音高表示器(後編)
「明日に続く」と書いたブログですが11日も経ってしまいました(^^;
前回の続きを書きます。

音の性質から見直してみると、たとえば人間は3C(ド)と4C(ド)で1オクターブ違ってもCとして同じように捉えています。1オクターブ毎の周期で同じドならドとして感じているわけなので、オクターブは違っても取り敢えずこれを一緒にして表示することにします。
また、平均率音階ではC#とD♭は同じ音高ですから表示としては同じであるべきです。
そのように考えて音高を環状に配置された12個のランプで表すという基本方針を決めました。
音高が変化するとルーレットのように輝点が移動するわけです。ドレミファソラシドと、1オクターブ上がると輝点が一周して元の位置に戻る。そんな表示器を考えました。

次に音が上がったときに輝点の回転方向をどちらにするべきか?を考えました。
音高を環状の輝点として配置しましたが、これは本来は螺旋状に配置すべきものを平面に投影したと考えるべきです。音が高くなると螺旋を登っていくイメージです。
ではその螺旋は右巻きか左巻きか?
回転と進行を伴うものにネジがあります。人間の感覚に合ったものとして、全世界ほぼ共通して右ネジが支持されていると思います。これは人間の9割が右利きであり、右手では右に廻すときにより大きな力を出ることが広まった最大の原因だと思うのですが、感覚としても右に回ったときに先に進むことが自然に感じられます。この感覚が本能なのか文化なのかは分かりませんが、とにかく右ネジを採用することにします。
では次に、先に進むとは音が上がるか下がるかを考えてみます。ネジを廻すときに、下を向くことが圧倒的に多いでしょう。また、下向きは音が下がるとするのが、感覚として自然に思えます。
ここから、音が下がるときは右廻り。上がるときは左廻りと決めました。

次に基準とするCの位置をどこに配置するか。
候補として頂点、時計の12時の位置、右側の3時の位置、下の6時の位置があると思います。
音が上がる(数値が大きくなる)ときに左廻りに回転する系というと、数学で使う単位円を連想します。この単位円は(x,y)=(1,0)の位置、つまり3時の位置が始点ですので、少しは数学に馴染んだせいか、この位置が自然に感じられるので採用することにしました。もう一つの理由は、左手にはめたケロミンの口を閉じたときに口の回転中心から口先が感覚として3時の方向になっていることです。この時に口を開いて音が上がる向きが表示器の回転方向と一致するのでこの意味でも感覚にマッチすると考えました。
基本は3時の位置に決めたのですが、実際のケロミンの表示器では7セグメント表示器の周囲にLEDを配置する関係からちょうど3時の位置には置きにくいために、2時半の位置にしています。

こういった経緯で決めた表示器は以下の画像のようになりました。

演奏時の表示器動作の動画
| 電子楽器 | 09:54 | comments(0) | - |
環状音高表示器(前編)
ケロミンの考え方の説明は一通り終わっているせいで、前回の更新からずいぶん経ってしまいました。今回は前回の更新時には特許出願の関係で書くことを控えてきたものの一つである環状音高(ピッチ)表示器について書いてみます。

昨年1月に「音の高さの表示方法」として、7セグメント表示器を使って表現することを説明しました。

これはこれで曲の始まりに口の開度を合わせる用途には役立ちます。しかしケロミンの操作系としては演奏中に直観的に把握できるものが望ましいと考えています。音高が変化する演奏中に使うことを考えると文字を読みとることはかなり困難な作業であるので、文字で示されても殆ど役に立たない。音高の表示にはアナログ的表示の要素が不可欠だろうと思えます。

市販のキーボードを見ると、音高の表示形式としては、五線譜上の音符の位置を用いて表しているものが主流であると思います。
ケロミンに音高表示器を搭載しようとすると、五線譜を使ったものはスペース的に困難であるし、音楽素人の自分には、そもそも五線譜上の音符を見ても直観的に把握するのが難しいのです。よく使うト音記号の五線譜の下のド(3C)から上に1オクターブぐらいまではまだ分かるのですが、そこから上の領域や下の領域を見せられても、線の数を指を当てて数えないとピンと来ないのです。まして#や♭が付いたものが演奏のリアルタイムで表示されたとしてもサッパリ分かりません。

 そもそも1オクターブが12個の半音からなっているのに、それを全音と半音が混在する五線譜で表現すること自体に無理があると思うのです。音楽家はそれをセンスと訓練とで乗り越えているのでしょうけれども、子供の時に音楽の成績が1であった”なんちゃって楽器開発者”のケロの宮にはセンスは無いし、とてもそれを乗り越える訓練をするガッツがありません。何よりもケロミンのコンセプトである直観的に使えるものにするためには別の表現形式が必要であると考えました。(明日に続く)
| 電子楽器 | 11:55 | comments(0) | - |
養子縁組式
2月11日、都内某所で先行販売ケロミンの第1回養子縁組式が行われました。
首都圏在住でケロミンのプロモーション活動に参加いただける方、11組にお集まりいただいただきました。
最後は参加者で初のハンドベルモードによる「よろこびの歌」の合奏をして旅立ってい行きました。養子縁組式
よろこびの歌の演奏の模様は動画がありますので、後ほど編集してアップしたいと思います。

次回養子縁組式は3月になりそうな見込みです。
| 旅立ち | 23:59 | comments(0) | - |
養子縁組式開催決定!&予約〆切迫る
ケロミン先行販売品の第1回の手渡し
→養子縁組式の日取りが決まりました。
2月11日に行います。
その模様は後ほど紹介したいと思います。

また、その翌日の2月12日には、
先行販売品の予約を締め切ります。
申し込み条件の首都圏在住の限定を外しますので、
(写真付きレポートは出していただける方)
先行販売品をご希望の方はすぐにお申し込み下さい。
| 旅立ち | 21:42 | comments(0) | - |
今日のケロミン
以下、ケロミン7号談
------------------------------------------------
今日はパパに連れられて打ち合わせに秋葉原に行きました。
レストランに行くと外人の男の子と目が合ったので、
ケロケロと鳴くと身を乗り出して来ました。
デート中のお姉さんも手を振ってくれました。
帰りの電車の中でも、きれいなお姉さんが話しかけてくれました。
みんな仲良くしてくれるので、ボクはお出かけが大好きです。

帰宅後にお出かけバッグの中で幸せな余韻に浸るケロミン7号
| ケロミンのつぶやき | 19:36 | comments(2) | - |
ケロミンの目指すもの
6月にケロミンが誕生してからほぼ毎日、短い時間ではありますが演奏しています。
ケロミン7号は仕事として触るというよりも、息抜きにふと手が伸びる愛用品になっています。
自分が創ったからということを別にしても、毎日触れていて楽しいのです。

ケロミンのコンセプトを考えた頃は、1カエル1楽器ということで、
アマガエルの場合はヴァイオリンの音をなるべく忠実に再現することを考えていました。
しかし、毎日接しているうちに、オーケストラについての1カエル1楽器は良いとしても、
ケロミンはケロミンであって、既存の楽器を模すことにあまり力を注ぐことは道を誤ると考えるようになりました。

現時点で私の考えるケロミンの目指すべきものは、
1,音楽の初心者であるとか、これまで音楽に縁の無かった人、苦手意識をいだいて
  いた人に演奏する楽しさを実感してもらうこと。
2,人の心を和ませること、人と人との心を結ぶための潤滑剤となること。

この2点に集約出来るのではないかと考えています。
演奏を身近なものにして、弱い者、疲れた者に優しく、心が安らぎ、
平和な気持ちになれる楽器として受け入れられたら素晴らしいなと思っています。


ヴァイオリンにはピッチカートという指先で弦を爪弾く奏法があります。
はじめはケロミンでそれを模すことを考えていましたが、
ケロミンの操作系には馴染まないので今は止めることにしました。
ヴァイオリンにはこの他に音階に区切られた高さの音と音の間を
グニュっと連続的につなぐグリッサンド奏法というものがあります。
音の高さを決めるために本来連続的な口の動きを用いているケロミンにとって、
この奏法を再現することは向いていますので、これは予定通り採用しようと思っています。
| ケロミンコンセプト | 14:55 | comments(4) | - |
ケロミンサイト立ち上げ&予約受付開始!!
永らくお待たせしましたが、ケロミン公式サイト keromin.com を立ち上げました。
コンテンツはまだ殆どありませんが、
先行販売品、限定80ケロの予約受付を始めました。

先行販売は正式な販売に先立って、ケロミンの広報活動に参加し、
またモニターとして協力して下さる方を対象とさせていただくものです。
このため、居住地域と購入後の活動について条件を付けさせていただきます。
条件をつけることは恐縮なのですが、どうかご理解ご協力をお願いいたします m(_ _)m

ケロミン公式サイト http://www.keromin.com/

サイトはケロミンマークをデザインしてくれたfrogramのケロ友[E3」に作っていただきました。
| - | 19:45 | comments(1) | - |
ケロミンお披露目会@東京 参加者募集
ケロミンは福岡、松本でお披露目を致しましたが、
地元東京でのお披露目会を以下の要領で開催します。
これまで応援下さった皆さん、ケロミンの里親希望のみなさん、
ケロミンに会ってみたいと思われる皆さんのご来場をお待ちします。

日 時 :7月2日(日)午後2時半〜4時半
場 所 ::スカイラークガーデンズお茶の水店
     JRお茶の水駅お茶の水橋口より徒歩1分。ビル2階
http://www2.info-mapping.com/skylark/map/separate.asp?tempo=17&chihou=&ctyname=&ID=020920
     店に駐車場はありません。
会場費 :1200円(お食事付き)
出 演 :ケロミン1号、2号、3号、4号、7号
     特別ゲスト:プレイトーキン(緑)、マトリョミン
締 切 :本イベントは募集定員に達したため締め切りました(6/28)

ご注意: ケロミンはまだ「世界中にこれしかない」
     という試作機ですので、触らないと気が済まない
     方には満足いただけないと思いますのでご了承下さい。
| 募集、お願い | 22:48 | comments(3) | - |
松本かえるまつり
ケロミンお披露目&フィードバックの第2段として、福岡カエル展に続き、
松本かえるまつりに行ってきました。
現地でお会いした皆さんのコメント期待してます。

詳しいレポートはこちら
動画はこちら第9をケロケロで歌うケロミン7号

| - | 20:21 | comments(8) | - |
福岡カエル展
6月4〜5日、生まれたての2匹のケロミン、7号と8号を連れて、福岡カエル展に行ってきました。
まず福岡行きの飛行機の中で美しいスチュワーデスさんに「まぁ可愛い♪」
「あー!しゃべったぁ(ハート)」と褒められてご満悦。

カエル展会場でも好評を博しました。
詳しいレポートは後日アップします。
| 日記 | 00:00 | comments(0) | - |
<< | 2/7PAGES | >>