<< ケロミンの歴史 | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
開発日記10周年
■あれから10年■

久しぶりにケロミン開発日記を見ていたら
2005年11月5日に日記が始まっていました。
10年前の明日です。

始めて3日目の記事にはこうあります。
-------------------------------------------
楽器を弾ける人には憧れを持つのですが、
 才能の無さに環境の無さが相まって、弾ける楽器がありません。

そんな自分だからこそ、作れる楽器がある。
これまで弾ける楽器が無くて、寂しい思いをしている子供に
音楽は実は楽しいのだと気付いてもらえる
 そんな楽器が作れるのだと思うのです。
-------------------------------------------
もう10年も経つんだね。

そんな楽器「ケロミン」は今、形になって
多くの方に手にとっていただくことができました。
本当にありがとうございます。

10年前に思っていたことを振り返ると・・・と

いっぱい売れたら、もっとカエルの種類を出そうと思っていました。
オーケストラを作って、
ウシガエルがチューバで、ガマガエルがコントラバス。カジカがピッコロとか。

それはまだ、もうすこし先のことになるかもしれません。

それでは、今後の10年の展望は・・・?

「世界に跳ねだすケロミン!」

 
| - | 19:45 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 19:45 | - | - |
コメント
コメントする