<< ケロミン誕生までの経緯 | main | 操作系(その1) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「儲かりそうなこと」から「好きなこと」へ
昨日「好きっていうのは行動の最大の原動力だね!」とのコメントをもらいました。
このことは今回ケロミン開発にGOをかけるか否かに関わったことだったのです。

私はかつて自動車会社で車の開発の仕事をしていたのですが、どうしても創りたいものがあってお世話になった会社を後にしました。その後自分で電子機器の開発をするベンチャー企業をおこしました。それからが今日のテーマです。

経済的な基盤が弱いと、普通は手堅く儲けることを考えます。自分が得意で儲かりそうなことを始めるのです。私もその例に漏れず、自分の得意分野が生かせてそこそこ儲かりそうな事業の種を見つけて、その分野の製品を開発するということをいくつかやってきました。そうすると、その事業を始めるきっかけになった案件をこなして目論見の何割程度かは収入になるのですが、その後が続かないのですね。

良い仕事をすれ仕事の案件は続くことが多いですが、一番の問題は自分の意欲、モチベーションなのです。好きでないことに力を注ぎ続けるのは私の場合は3年ぐらいが限度のようです。稼ぐためにそんな仕事をしていると、自分の精神にコレステロールが溜まるような感じで活力が失われ、自分自身が消耗してくるのを感じるのです。本来の自分のミッションを果たすための経済的な基盤作りなのだと表面意識では思うのですが、心底からの力が湧いてこないのです。人間は目に見えない諸法則に則って生きているものであって、力が湧いてこないということは、生き方に無理がある。極論すれば生き方が間違っていると思うに至ったわけなのです。

人生は目的地に到着することだけが目的では無いのですから、そのプロセスにおいても自分が幸福でないことには周囲を幸福にすることだって出来るはずはありません。
そんなわけで心から好きなことを仕事にしようと考えました。

サラリーマンであったころからこれまでにいろいろなものを開発してきました。
しかし自分が好きなものを好きなように開発しだしたのは、仕事としては初めてのことです。もちろん将来買って下さるお客様を想定してはいますが、まずは自分が本当に納得できる欲しいものを創る。そういう方針で開発をしています。

おかげで毎日楽しく仕事をしてます。私はケロミンファンの第一号であり、ケロミンの完成を誰よりも私が一番心待ちにしているのです。
| 日記 | 23:00 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | - |
コメント
仕事と好きなことが重なりやすいのはいいですけどカエルの場合は職業にないですからねー。
だからこそケロの宮さんの今のプロジェクトは仕事とカエルの出会いとして感動があります。
| みつはし | 2005/11/25 11:13 PM |
みつはしさん>
カエル関連の職業として考えられるのは、
グッズ、アート、グッズショップ、ペットショップ、養殖(ペット用、実験用、食用)、採集(実験用)、水族館職員。そんなものでしょうか。
この中で充分カエルだけで食べて行けるのは、バンダイの社員と10年前のサンリオの社員、流行っているショップ、良い販路を持った養殖、採集業者。多分このぐらいでしょうね。
職業として考えると不毛の地とまでは言わないけど、砂漠の中に僅かに生えているサボテン程度のイメージですね。

そこで砂漠の中の僅かな水脈を探るのではなく、気象条件を変えて砂漠を緑の大地にする。つまり、カエルのイメージを上げて世界にカエル好きを増やすことを考えたいものです。

我田引水になりますが、一番易しいメロディー楽器の標準の形がリアルで可愛いカエルになることで、子供の頃からカエルに親しみを持ってもらう。ボクにとってのコルゲンコーワの指人形が、未来の子供達にとってケロミンになってくれたら。こんな期待を持っているんです。そのためにも将来的には出来るだけ安くしたいと思っています。

これと、「野良ガエルに逢いに行こう」で結論まで言ってしまったのでレスが付かないけど、カエルを経済と結びついた環境保護のシンボルに出来れば良いなと。そのために何か出来ないだろうかと構想しているのです。
| ケロの宮 | 2005/11/26 7:56 AM |
>気象条件を変えて砂漠を緑の大地にする。つまり、カエルのイメージを上げて世界にカエル好きを増やすことを考えたいものです。

出来ると思います。
蛙への愛情は結構伝染するので驚いてます。
でもそれは深まれば蛙の住む環境のことも考えるわけだし、
今必要とされていることにつながりるわけだから
理にかなっているし、
さらに広まっていくに違いないと思ってます。
(^^)v
| みつはし | 2005/11/26 8:38 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://keromin.jugem.jp/trackback/21
トラックバック