<< 初めにカエルありき | main | 「儲かりそうなこと」から「好きなこと」へ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ケロミン誕生までの経緯
子供の頃、隣家が薬屋さんでした。
初めて手にしたカエルグッズはコルゲンコーワの指人形。
生ガエル好きが先ですが、コルゲンコーワがカエル好きの
追い風になったことは間違いありません。
馴染んだ指人形達は何度かの引っ越しの中で消えてしまいましたが、
思い出はしっかりと胸に刻み込まれました。
写真は近年ネットオークションで手に入れた同形品。
今見ても良くできていると思います。

昔からカエルグッズが好きだった割には、たいしてグッズを持っていません。
自分が欲しくなるグッズがあまり無いのです。
カエルグッズは欲しいけれども、欲しくなるグッズが無い。
そんなわけで、いつか本気で欲しくなるカエルグッズを
自分で作りたいものだと思っていました。

私はメカの分かる電子技術者です。
当然グッズの中にも何らかの仕掛けが欲しくなります。
これまで見てきたカエルグッズの中で、触発されたのは
ケロケロメカフロッグと、(注意:どちらも音が出ます)
カエルオルゴールです。(2つ目の映像が出ないときは一度ブラウザを全て消してから再度ブラウザを起動すると見えるかも)
どちらも面白いものですが、他人の後追いでものを作ることには興味がありません。

そんな思いが自分の中で熟成されて来て、私の中の
最後のトリガーを引いたのがマトリョミンでした。
これを見た瞬間に、それまで形にならなかった思いが
カエルパペット型電子楽器になったのです。

私が創るのだからカエルに決まっているし、
そもそも私の場合はテルミンにこだわる理由などはありません。
カエルにはこだわりますが(爆)
自由な発想で新しい操作系の楽器が出来ます。
これから後の経過は、11月9,10日に「電子楽器の変遷」として書いた通りなのです。
| カエルグッズ | 17:15 | comments(5) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 17:15 | - | - |
コメント
「マトリョミン」すごいですね。
満足が濃縮された世界を垣間見て・・
ケロの宮さんの目指しているレベルの高さを感じました。
いいものとの出会いは大事ですね(^^)
| みつはし | 2005/11/23 9:01 PM |
わたしもクスリ屋さんの指人形だいすきです☆
引っ越しを重ねると、たいせつなものがどこかへ消えてしまうことがありますよね
写真の指人形、首のくびれがすてきですね!
| わかな | 2005/11/23 10:11 PM |
カエル好きでもなんでもない同僚(ピカチュウ)にこのブログを紹介しました。
そうしたらとっても興味をしめしてくれたんですよ。
カエルパペットも可愛いと言ってくれました。イエア!
彼女の言葉を載せておきます。
「好きっていうのは行動の最大の原動力だね!」
これからどうなるか2人して楽しみにしております〜
| まさQ | 2005/11/24 12:50 AM |
みつはしさん>
 人形的な楽器としては古くは馬頭琴がありますが、
 マトリョミンは電子楽器という形で現代に再提示したという意味、
 それと楽器に見えない楽器、意外性と見た目の楽しさがある楽器という新分野を開いた意味があると私は思っています。

わかなさん>
 引っ越しをすると思い出の品が無くなる他に、
 昔の友達と途絶えてしまうことがあり、寂しいものです。
 ケロちゃん指人形は昔の方が今のものよりも可愛かったですね。
 小さな指人形で写真の3色以外に確か8色あったはずです。
 こちらはレアでどれも1個3万円が相場です!
 大きいものは手足と首が動かせます。子供の時は宝物でした。

まさQさん>
 ご紹介感謝です。
 今日はご意見いただいたので「好き」と「行動」の観点から書こうと思います。
| ケロの宮 | 2005/11/24 11:52 AM |
こんにちは。
大道芸観覧レポートという写真ブログをつくっています。
コルゲンコーワの昔の広告もとりあげています。
よかったら、寄ってみてください。
http://blogs.yahoo.co.jp/kemukemu23611
| kemukemu | 2007/01/06 3:36 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://keromin.jugem.jp/trackback/20
トラックバック