<< スピーカー | main | パペット(その5) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
パペット(その4)
再びパペットの話に戻ります。

8月24日、第2作目のパペットに面会するために作家さんのお宅へ。
前回は感性の違いを認めながらも、良くお互いの考えが分かりましたので、
今回のものはかなり私のイメージに近づきました。
これを見て「行ける」という確信が湧きました。
第2作
↑2作目。顔つきもリアルになってます。カエル好きなら分かりますが、これはアマガエルではなくアオガエル。
私も自分のイメージを固めながら要望をお伝えしていたところがあって、
形が出来てくると、更に見えてくるところがあります。
後から上積みをするということで、作家さんには叱られましたが、
本当に気に入ったものにするためには、妥協はしたくありません。

アマガエルの印である鼻の茶色のライン、指の数、耳の鼓膜等々。
より本物に近づけるための変更を入れた3作目をお願いしたのでした。

↑2作目にあごの骨を譲って歯抜けになってしまったプレイトーキン。尊い犠牲です。
| パペット | 17:47 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 17:47 | - | - |
コメント
この2作目のカエルちゃんは好みかもしれません(^^)
おなかのスジとかいいですね。
プレイトーキン放心状態(笑)。
すごい。。
| みつはし | 2005/11/18 8:44 PM |
こんばんわ〜
ケロミン開発ひそかに楽しみにしております。
妥協したくないというお気持ちよくわかりますよ〜。
最終的にどんなパペットになるんでしょう。ワクワクしてきました。
| まさQ | 2005/11/18 11:42 PM |
みつはしさん>
2作目は今後のアオガエルのベースになると思ってます。
おなかの筋はスピーカーを埋め込むためのチャック。
3作目には場所を変えたのでありません。

歯抜けのプレイトーキンは、この顔でボケ役に使えます。

まさQさん>
3作目の全体の姿も既にネット上にあります。
ぜーーーんぶコメントまで読むとヒントが出ています。
フフフフフ。
| ケロの宮 | 2005/11/18 11:49 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://keromin.jugem.jp/trackback/15
トラックバック