<< 音質 | main | パペット(その4) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
スピーカー
最近はパソコンで音楽を聴くことが普通になってきたようで、パソコン用のスピーカーにも良いものが出てきています。これらはモニタの両脇に置くのが一般的ですから従来のオーディオ用よりも小さいのでケロミンに使うスピーカーのベースにうってつけです。
大型電気店の店頭には、各種のスピーカーを比べて聴くことが出来るところもありますが、周囲の騒音や音源の種類の違いで、電子楽器に向くかどうかの評価はその場では出来ません。結局ネットで評判を調べて、音質の良さそうなものを買ってきて、自室でじっくり評価して絞り込みました。
1ペアが安いもので2千円ぐらいから高いものは4万円ぐらいまでいろいろ買いました。何種類も買ったので今はPCのモニタの周りはスピーカーがゴロゴロしています。

ケロミン用スピーカーの条件としては、
1,音質が良いこと・・・絶対に譲れない
2,小さいこと・・・・・大きいとパペットの中に収まらない。
3,軽いこと・・・・・・重いと演奏者の負担になる
  その代わりに低音には目をつぶる。

これらの条件をほぼ満たすものも見つかって、スピーカーについても何とか目処は付きました。

昨日の内容と併せると、低音と音の大きささえ別にすれば、音質としてかなり水準の高い楽器が出来るポテンシャルが見えたと言うことです。
製品にまとめるに当たってはそのポテンシャルを実際の音質に結びつけるノウハウ的なことも必要になりますので、これだけで高音質が約束されるわけではありませんが、しっかりチューニングすることで良いものが出来ると考えています。
| 電子楽器 | 22:58 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:58 | - | - |
コメント
スピーカーは外には見えない感じなのでしょうか?
鼓膜部分がスピーカとかではなく。
| みつはし | 2005/11/18 8:42 PM |
スピーカーはお腹に取り付けます。
はじめはお腹に埋めようかと思ったのですが、
高音のきらめきがなくなるので外から見えても止む無しとします。
| ケロの宮 | 2005/11/18 11:29 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://keromin.jugem.jp/trackback/14
トラックバック