<< なぜカエルなのか? | main | パペット(その2) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
パペット(その1)
今日は姪がガイドとして乗務する○○バスに親戚と乗って来ました。六本木ヒルズ→東京湾のランチクルーズ→銀座のコース。彼女のバスに乗ったのは初めてなのですが、近く自分のやりたいことを見つけて今の仕事を辞めるそうなので最初で最後になります。初めて見た仕事ぶりですがすっかり板に付いていて評判も良いそうです。これで辞めてしまうのはガイドとしてはもったいないところですが、本人の進みたい道ですのでエールを送ります。


さて、銀座の表通りでバスを降りた目の前がぬいぐるみ屋さんでした。ケロミンパペットの比較参考に早速店内へ。カエルものもいくつかありましたが、カエルに関わらず、リアルと可愛いのバランスの高さという観点で見て回りました。結論を言ってしまえば勝算があるという思いを強くして店を出ました。

先日の日記でぬいぐるみ業界ではリアルを意識しているものが無いように書きましたが、10万円する大型犬の輸入品の中にはリアルさで満点を与えられると思えるものもありました。しかし私の目には可愛く映らないのです。私のカエル好きと同じぐらい犬好きの人にだけ受けるのでしょう。唯一両立している思えたのはショーウインドウに飾られていたペンギンですが、これは元々可愛いペンギンをぬいぐるみでリアルに作ったのであって、高次のバランスを取るための特別の工夫はどうも見えてこないのです。

私は自分でぬいぐるみを作る能力はありませんからケロミンパペットについてはとても優れた作家さんにお願いして作っていただきましたが、プロデューサーとしては自分なりに考えました。

ということで、明日もパペットについて書いてみようと思います。
| パペット | 02:22 | comments(3) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 02:22 | - | - |
コメント
蛙をわが子のように一番かわいいと実証するケロの宮さん。
(^^)
この論証、私も蛙好きな為、かなりひいきしてしまうけど、
その通りにちがいない(笑)。
| みつはし | 2005/11/14 8:52 PM |
カエルだけを特別扱いする論法は他に、
「脊椎動物で尻尾がないのはカエルと人間の他には一部の類人猿ぐらいだ」ってのがあります。そうするとオタマは尻尾があるじゃないか。と、言われることがあるので、「オタマは人間で言えば胎児だ。人間も初期の胎児には尻尾がある。」と、切り返します。
他に、「平泳ぎが出来るのはカエルと人間だけだ」ってのもあります。お使い下さい(笑)
| ケロの宮 | 2005/11/15 10:28 AM |
そのような土俵に上がることがありましたら、
即!使わせていただきます。
m(__)m
勝利間違いなし!(・∀・)!
| みつはし | 2005/11/15 6:27 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://keromin.jugem.jp/trackback/10
トラックバック
プロデューサー
プロデューサープロデューサー(英語|英:Producer、略称''P'')とは、映画やテレビ番組などの映像作品、音楽作品、テレビゲーム作品制作(製作)の予算調達や管理、スタッフの人事などを司り、制作全体を統括する職務。ディレクターよりも広範囲な権限を有し、作品の商
| 職業情報局 | 2005/11/14 8:31 AM |